加賀友禅 訪問着 宮野勇造「瑞松(ずいしょう)」

加賀友禅 訪問着 宮野勇造「瑞松(ずいしょう)」
(お仕立代・正絹胴裏・石川県内手縫い仕立て・消費税 込み)

宮野勇造(みやのゆうぞう)
○加賀友禅作家
○昭和28年1月27日生まれ
○加賀友禅作家 伝統工芸士
〇昭和51年より昭和58年まで清藤武二師に師事後独立。

☆昭和62年11月
第13回加賀友禅新作競技会 金沢市長賞
昭和63年6月
第10回加賀友禅伝統工芸展 金賞
昭和63年11月
第14回加賀友禅新作競技会 名古屋通商産業局長賞
平成2年6月
第12回加賀友禅伝統工芸展 銀賞
平成3年11月
第17回加賀友禅新作競技会 中部産業局長賞
以降、受賞歴多数。

本作「瑞松」のメインの地色(背景色)は古来の色名では『白藍(しらあい)』に近く、印象といたしましては爽やかな中にも非常に落ち着きのある加賀友禅らしい「淡いブルーグレー」といった趣です。
また、裾にはやわらかなグリーンが伸びやかな木々の豊かな大地を感じさせます。
主題の松をはじめ四季に富む草花が緩急さまざまな筆致で描かれ、寿ぎの雰囲気が満開のようです。
こんにちのハレの日に最も着用機会の多い『訪問着』。
結婚式・披露宴、お宮参り、七五三詣り、入卒式、茶事、観劇やパーティーに自信をもって加賀友禅―おすすめの一点です。

*長浜ちりめん生地使用
身長170センチ前後の方までお仕立て可能です。





  • 580,000円(税込)

定価 858,000円(税込)